人気ブログランキング | 話題のタグを見る

えざか産婦人科<公式>Blog

性別診断に付いて(画像はともかく、内容は真面目です。)

こんにちは、副院長の江坂です。妊婦健診のお楽しみと言えば、赤ちゃんのエコー検査ですね。特に赤ちゃんの性別は、お母さんお父さんや周囲の人達にとっての最大の関心事の一つです。
性別診断に付いて(画像はともかく、内容は真面目です。)_b0421960_15450601.jpg

近年、エコー画像の精度が上がってきた事により、性別はかなりの正確度で出生前に分かるようになりました。同時に赤ちゃんの小さな先天異常も分かるようになってしまいました。エコー検査についての日本産婦人科学会の見解は以下の通りです。

・非確定的検査(いわゆるスクリーニング的検査)とは、母体血清マーカー検査と呼ばれる母体
血液中の胎児または胎児付属物に由来する妊娠関連タンパク質の測定による、血液生化学的検査をはじめ,ほぼ全妊婦を対象に行われる超音波検査も該当する.日常的に行われる超音波検査は
well-being を判断するルーチン検査であるとともに,出生前診断として遺伝学的検査となりうる
ことに充分留意しておかなくてはならない。


分かりやすく言うと、普段、当たり前のように行っている赤ちゃんのエコー検査も、厳密には出生前診断に該当するという事です。ということは、検査に当たっては、説明に基づいた同意を得るのが望ましいというのが学会の考え方です。(説明と同意の必要性を突き詰めると、事前に同意が無ければ、先天異常が判明しても告知する義務は無いのか?という疑問が出てくるのですが、それはまた別の話。)

ずっと以前から、赤ちゃんの発育をチェックしたり、赤ちゃんの体の構造に異常が無いか、チェックするためにエコーを使ってきた産婦人科医にとっては、エコーが出生前診断に当たるというのは自明の事でした。検査を受けるからには、妊婦さんたちも当然そのつもりで受けているのだろうという認識のもと、異常が見つかれば包み隠さず告知するし、性別が判明すれば(サービスとして)当たり前のように説明してきました。

最近では、学会の指針を重視して、性別診断を行わない施設も増えてきています。当院としても、エコー検査の有り方に付いて、色々考えなきゃならないな、と思う今日この頃です。

(江坂)



by ezasan | 2013-09-25 12:42 | Comments(0)

「えざか産婦人科」の公式ブログです
by EzakaSanfujinka

カテゴリ

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧